診療科目

もの忘れ外来

もの忘れ外来

もの忘れ外来は、認知症の症状が明かな人だけを診察する外来ではありません。もの忘れを主な訴え(主訴と言います)とする人なら誰もが対象となり、また、もの忘れに関連するさまざまな病気や症状についても診察します。当院院長は脳神経内科、精神神経科、両方の専門医を持ち、物忘れ外来の診療を行っています。「もの忘れがひどくなった」「認知症が心配」「認知症かも」と認知症が気になったら物忘れ外来にできるだけ早いうちに相談しましょう。

脳神経内科

脳神経内科

脳神経内科は脳や脊髄、神経、筋肉に病気があり、体が不自由になる病気をみる内科です。体を動かしたり、感じたりする事や、考えたり覚えたりすることが上手にできなくなったときにこのような病気を疑います。症状としてはしびれやめまい、うまく力がはいらない、歩きにくい、ふらつく、つっぱる、ひきつけ、むせ、しゃべりにくい、ものが二重にみえる、頭痛、かってに手足や体が動いてしまう、ものわすれ、意識障害などたくさんあります。まず、全身をみることが出来る脳神経内科でどこの病気であるかを見極めることが大切です。
アルツハイマー型認知症、パーキンソン病、脳卒中など比較的高齢の方に多いものから、頭痛、てんかん、脳炎・髄膜炎、多発性硬化症、重症筋無力症、末梢神経障害のように若い方でもよく見られるものまでさまざまな病気の診断・治療を行っています。
また、当科では、診断・治療が難しいまれな病気にも日常的に地域総合病院、大学病院と連携し対応しています。たとえば、神経難病と呼ばれる筋萎縮性側索硬化症(ALS)、脊髄小脳変性症などの診断・治療にもあたっています。

整形外科

整形外科・リウマチ科

診療内容

四肢,脊椎における骨・関節,脊髄・神経・筋疾患を対象とした,整形外科領域全般について診療しています。
四肢・関節の腫れや痛み、頚部痛・腰痛、肩こり、手足のしびれ、できものなどの症状を対象としております。
疾患としては、関節リウマチ、変形性関節症(膝・股・足・肘・肩・手・指・)、スポーツ疾患、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、頚椎症性脊髄症などの脊椎疾患、五十肩、骨軟部腫瘍、骨折、脱臼、捻挫などの四肢外傷性疾患、などです。


特徴・特色

整形外科対象疾患における地域医療に貢献を目指しています。
外来診療では手術適応の患者さんの診察、治療はもとより、外来保存療法(投薬、リハビリ)なども積極的に行っています。また地域の高齢者の方には骨粗鬆症を伴う脊柱圧迫骨折治療、リハビリ治療を進めています。また保存的入院治療の受け入れも随時可能です。


外来治療について

すべての整形外科対象疾患に対して外来治療を行います。外来診療は整形外科専門医が診療いたします。
・変形性関節症(特に膝、股関節)
高齢者に多い関節痛を伴う下肢変形性関節症患者さんにはまず外来治療にて症状軽快を行います。理学療法士によるリハビリ治療を積極的に行います。
・関節リウマチ
リウマチ専門医による早期発見、積極的な寛解導入を目指しており、合併症のリスクを評価した上で、早期からの抗リウマチ薬・生物学的製剤の使用を心掛けております。理学療法士によるリハビリ治療を積極的に行います。
・脊椎疾患
脊椎疾患に対しては、肩こり、腰痛、神経症状を伴う頸椎、腰椎疾患を治療いたします。理学療法士によるリハビリ治療を積極的に行います。


入院治療について

脊椎圧迫骨折、骨折など保存的治療が必要な患者さん、坐骨神経痛、下肢筋力低下などで自宅生活困難な患者さんなど保存的入院ご希望な方は随時お受けします。入院リハビリテーションも併用いたします。

リハビリテーション科

リハビリテーション科

 入院、外来患者共に随時リハビリが可能です。175.2㎡の広いリハビリ施設でリハビリ器具も充実して理学療法士による積極的な運動機能向上を目指します。主に整形外科、脳神経内科の患者さんのリハビリを行っています。また体力の落ちている方の筋力強化目的のリハビリも積極的に行っています。在宅リハビリ、通所リハビリも行っています。理学療法士、医師、看護師、がチームを組みより円滑なリハビリ、医療、介護を目指します。